頭皮のフケやかゆみはアレルギーが原因

頭皮のフケやかゆみ

頭皮のフケやかゆみで悩んでいる女性多いと思います。
実はアレルギーが原因ではと考えられているのです。

 

アレルギーとは一般的に花粉症や、アトピーが思い浮かびますが、頭皮のフケ・かゆみもアレルギーが原因となって起こるケースもあり、放っておくと、かきむしって炎症が起こり、抜け毛・薄毛につながることも考えられます。

 

アレルギーとは、本来体内に取り込まれた異物を排除する免疫の働きが過剰になることで現れる症状のことです。

 

アレルギーが原因のかゆみとして、アトピー性皮膚炎が挙げられます。アトピー性皮膚炎はかゆみを伴う湿疹が出る皮膚の病気です。

 

アレルギーを起こしやすい体質の人がさまざまな抗原に反応すると、肥満細胞がヒスタミンなどの炎症性物質を放出します。
ヒスタミンは受容体を持つ細胞にくっつき、血流にのって全身に運ばれ、かゆみを引き起こすと考えられています。

 

かゆみに伴って、フケが増えることがあります。フケは、頭皮の角質細胞が皮膚の奥から表面へ押し出され、剥がれ落ちるまでの代謝サイクルして、表皮から剥がれ落ちたもの。頭皮を掻きむしることによって表皮が無理に剥がれ落ちたり、ターンオーバーが異常になって大きなフケが出たりします。

 

原因は

アトピー性皮膚炎の症状を引き起こす抗原となりうるものには、汗・汚れ・ダニ・ハウスダスト・カビ・花粉・動物・細菌・せっけん・シャンプー・リンス・化粧品・衣類・ストレス・食べ物などがあげられます。人それぞれで要因は異なりますので、気になった方は病院などで一度検査をする事がすすめまれます。

 

頭皮のフケやかゆみ

 

アトピー性皮膚炎の治療法として、一度病院へ行き、要因を特定した上で、薬を飲むなどの対処が必要となります。また頭皮が敏感になっている為、低刺激のアミノ酸系のシャンプーを使用する事がすすめまれます。

 

アミノ酸は天然素材なので頭皮や髪に対して低刺激、皮膚と同じ弱酸性なのでつっぱりません。保湿性も高く、頭皮の乾燥を防いでくれます。

 

アレルギは、免疫機能の異常でも起こり得るので、自律神経のバランスを整える事も大事な事です。現代社会では夜でも活動する事が多く、自律神経のバランスを崩してしまいがちです。整える為には、夜22:00〜翌2:00までには睡眠をとる事が理想とされています。

 

20:00くらいから寝る準備を整え、どんなに遅くとも0:00には、眠りにつく事を心がていくようにすると、自律神経のバランスを整えられます。
頭皮のふけ・かゆみの予防として、規則正しい生活を送り、なるべくストレスを溜め込まない事で、体の免疫力を高める事が予防の第一歩となります。

 

頭皮のフケやかゆみ

 

円形脱毛症について